Youtubeコラム

ユニクロのウィメンズ用ベーシッククルーネックTシャツの”ここが凄い!”3選

このページでは、代表の加々村が運営するYouTubeチャンネル「縫製屋motoの縫製分析チャンネル」の動画をコラム形式でご紹介します。アパレル業界で働いている方、働きたい方、縫製屋motoをおもしろいと思ってくれた方、皆様に楽しんでいただけたら嬉しく思います。

縫製屋motoの
縫製分析チャンネル
プロの縫製屋の視点から、世の中にある様々な服飾製品を紹介しています。
チャンネル登録はこちらからお願いします。

プロの縫製屋の視点から、世の中にある様々な服飾製品を紹介しています。
チャンネル登録はこちらからお願いします。

今回ご紹介するアイテムはこちら

ブランド名:ユニクロ
商品名:クルーネックT(半袖)WOMEN

ファッションを楽しむ上で、シンプルながらも高品質なアイテムは欠かせない存在です。ユニクロのウィメンズ用ベーシッククルーネックTシャツは、その代表例とも言える商品。しかし、そのシンプルさの裏には、縫製のプロフェッショナルならではの深い配慮と技術が隠されています。今回は、その「ここが凄い!」ポイントを3つご紹介します。

ここが凄い!その1
衿ぐりの仕様をバインダーにしてよれ辛くしている

最初に目を引くのは、Tシャツの襟ぐりです。ユニクロのこのTシャツは、襟ぐりにバインダー仕様注1を採用しています。これは、襟を別の生地で包むことにより、形崩れを防ぎ、長時間の着用や繰り返しの洗濯にも耐えうるよう設計されています。シンプルながらも、このような細部への配慮が、Tシャツ全体のクオリティを高めています。

ここが凄い!その2
体に沿う立体的なパターンになっている

次に、このTシャツのパターン設計についてです。一般的なTシャツが平面的な構造であることが多い中、ユニクロのTシャツは人体の立体的な構造注2を考慮したデザインになっています。これにより、着用者の体型にしっかりと沿い、美しいシルエットを実現しています。動きやすさと見た目の美しさを両立させたこの設計は、まさに技術とデザインの融合の賜物です。

ここが凄い!その3
裾や袖口の始末を天地引きにしてデザインを入れている

最後に、裾や袖口の縫製技術に注目します。ユニクロのTシャツは、裾や袖口に「天地引き」注3という技法を用いています。これは、縫製が目立ちにくく、より洗練された見た目を生み出す伝統的な技術です。この技法により、カジュアルながらも上品さを兼ね備えたデザインが実現されており、さまざまなスタイリングに対応できるようになっています。

ポイント解説

注1  バインダー仕様: バインダーとは、衣類の縁や開口部を綺麗に仕上げるために、縁取りに別の生地を使って折り返し縫い付ける技法です。この方法により、衿ぐりなどが伸びにくく、形崩れしにくい仕上がりを実現します。

注2 立体的なパターン: 衣類のパターンとは、型紙のことを指します。立体的なパターンとは、人体の曲線に合わせて設計された型紙を意味します。これにより、衣類は着用時に体にぴったりとフィットし、動きやすさと見栄えの良さを両立させることができます。

注3 天地引き: 「天地引き」とは、裾や袖口などの縫い目が表から見えにくくするための縫製方法の一つです。縫い目を二つ折りにして内側に隠すことで、外側から見た時に縫い目が目立たないようにします。これにより、衣類の見た目がより洗練され、上品な印象になります。

お読みいただきありがとうございます!
最後に「最近の縫製工場二極化に関して」もお話ししています。
よかったら動画もお楽しみください。

ユニクロのウィメンズ用ベーシッククルーネックTシャツの”ここが凄い!”3選

TOP