服を作るっていうこと

”服を作る”っていうこと②

比較的に洋服づくり未経者の企業や個人の方から
お問い合わせをいただくことが多いので
2回目は、そういう方達が服作りを始める上で知っておいた方がいいと思われる事を
書いていきたいと思います。

まずは厳しい事を言わせていただくと・・・
マーケティング不足、勉強不足の方が多いです。

疑問な事があれば、ネットで検索が当たり前の時代です。
調べようと思えば、勉強しようと思えば
いくらでも情報は落ちています。
まずは調べてみてください。
『服を作って、販売をする』というビジネスを本気で考えているなら・・・

この工程を面倒だと思うのであれば服作りは諦めるか
知識・経験をアウトソーシングするだけの資金を用意された方がいいと思います。

この「知識・経験をアウトソーシングするだけの資金」に関してはまた別の回で
書きたいと思います。
ここを勘違いしている人が多いんですよね。

国内縫製工場に問い合わせするにもある程度の専門用語を身に付けておいた方がいいです。
なぜなら
”今、国内縫製工場が売り手市場だから”です。

買い手市場であれば、工場が仕事を求め、必死に営業をするのでなんとかなるかもしれませんが
そうではない今、ベテランアパレルが縫製工場を探している今
未経験の企業・個人が専門用語なしで国内縫製工場に依頼をするというのは簡単な事ではありません。

昔とは違い、こういう背景を考慮しながらブランドの方向性を決める必要もありますね。
こちらもまた別の回でお伝え出来ればと思います。

服を売る方法は沢山ありますが、今、国内で服を作るというのは簡単ではないんですよ。

「マーケティング不足、勉強不足の方が多い」とは書きましたが
こういう場合はどうすればいいの?など疑問がある方は
このホームページのお問い合わせからでもインスタグラムツイッターのDMからで構いませんので
遠慮なくご連絡ください。
ブログやなんらかの方法でお伝えします。

言い方を変えれば、やり方次第で国内で生産する事は可能って事です。
この辺の話もまだ後日。

「また後日」ばかりですみません。止まらないので(笑)
ここまでお読みいただきありがとうございました。

では、また。

関連記事

TOP